内部統制

(NISCグループ)経営ビジョン・企業理念を策定し、企業価値の継続的な向上と社会から信頼される企業の実現を目指しています。

内部統制システムの基本方針

「内部統制システムの基本方針」を定め、内部統制に関わる業務管理システムを適切に整備・運用することにより、関連法規を遵守し、財務報告の信頼性と業務の有効性・効率性を確保することに努め、さらに企業統治を一層強化する観点から、その継続的改善を推進しています。

内部統制システムの運用体制

内部統制システムの運用体制として内部統制推進担当部門、各分野別リスク管理を担当する機能部門を設置しています。また、グループ会社における自律的内部統制活動の企画・推進を担当するリスクマネジメント責任者を各グループ会社に配置しています。

内部通報制度として、「コンプライアンス相談室」を設置し、グループの社員や取引先等から業務遂行上のリスクに関する相談・通報を受け付け、業務の適法性・適正性の維持等に役立てています。