ニスクジンク

ニスクジンク®

  • 優れた耐食性
  • 平坦度に優れ、美しい外観
  • 抜群の亜鉛密着性、過酷な加工にも耐える
  • 洗練された表面仕上げ

特長

優れた耐食性
亜鉛は金属めっきの中で、耐食性に優れています。特に日鉄住金鋼板の溶融亜鉛めっき鋼板"ニスクジンク"は、長期間にわたり優れた耐食性を発揮。鉄板の一部が露出した場合でも、亜鉛が犠牲防食となるガルバニックアクションによりその部分を保護します。また、亜鉛めっき層の表面には、初期防錆対策のため化成処理を施しています。
平坦度に優れ、美しい外観
日鉄住金鋼板の溶融亜鉛めっき鋼板は、独自の製造技術、厳しい品質管理の下、連続亜鉛めっき設備で生産されています。このため厚みのバラツキはなく、フラットな仕上がりです。また当社特有の表面処理を施しているため、美しい外観が得られます。
抜群の亜鉛密着性、過酷な加工にも耐える
最新の連続亜鉛めっき設備で生産される製品は、亜鉛の密着性が抜群。合金層が少なく、様々な加工が可能です。特にニスクジンクは、厳しい加工にも耐えることができます。

亜鉛めっき鋼板の防食機能

亜鉛めっきでは、鉄より亜鉛のイオン化傾向が大きいため、亜鉛が鉄の腐食を守ります。
即ち、亜鉛は、鉄の腐食を防ぎながら消耗していきます。
これをガルバニックアクション(犠牲防食作用)と言います。

亜鉛めっき鋼板の防食性能

大気中での亜鉛めっき鋼板の耐食性は、亜鉛のめっき層の厚みに依存し、亜鉛の付着量が多いほど優れています。

塩水噴霧試験結果(亜鉛鉄板会資料より)

塩水噴霧試験による赤錆発生までの時間を調べた例です。亜鉛付着量の増加によって赤錆発生までの時間が長くなります。

切断端面の耐食性

切断端面は、亜鉛の回り込みが起こり、犠牲防食作用による防錆効果もあって屋内のような使用環境では、亜鉛の消耗も少ないため、おおむね実用上は差しつかえありません。

亜鉛めっき鋼板切断面の亜鉛のかぶり