SGL®

2%マグネシウム添加 アルミ・亜鉛合金めっき

エスジーエル®

表面処理めっき鋼板の最高峰

ガルバリウム鋼板®の発売から約30年。確かな実績を持つガルバリウム鋼板をベースにマグネシウム(Mg)の防錆効果をプラス。ガルバリウム鋼板の3倍超の耐食性を実現しました。とくに、腐食が起こりやすい切断端部や傷部などの腐食抑制効果が大きく、厳しい腐食環境でもガルバリウム鋼板を超える耐食性を実現。カラー鋼板の下地としても最適で、加工性も良好です。

  • 当社複合サイクル試験の腐食減量測定結果から推定。

めっき構造

エスジーエルは、ガルバリウム鋼板のめっき構造を引き継ぎつつ、マグネシウム添加により、その特長をさらに引き出すめっき構造を有しています。
それにより、亜鉛めっき鋼板に比べてはもちろん、ガルバリウム鋼板と比べてもとくに厳しい腐食環境で強い耐食性を発揮します。

エスジーエルのめっき構造は、ガルバリウム鋼板の高耐食性を支える「三次元網目構造」を維持しながら、2%のマグネシウムを添加。亜鉛リッチ相にマグネシウム濃化相が共存する構造になっています。

マグネシウムは亜鉛リッチ相と共存し、より緻密な亜鉛酸化皮膜を作る効果を持ちます。

「三次元網目構造」とは…

エスジーエルとガルバリウム鋼板のめっきは、アルミニウム含有率の高いアルミリッチ相と亜鉛含有率の高い亜鉛リッチ相が、三次元的に絡み合った複雑な構造を有しています。亜鉛リッチ相は、アルミリッチ相のすき間を縫うように網目状に存在しているため、亜鉛リッチ相が腐食する際も、網目状の複雑な経路を通って進行することとなり、めっき全体の腐食速度を遅らせる効果があります。
この「三次元網目構造」は、他の亜鉛系めっき鋼板には見られない、ガルバリウム鋼板とエスジーエルを象徴する構造です。

複合サイクル試験

現実環境に近いとされる「複合サイクル試験」によって、エスジーエルの耐食性を評価しました。
その結果、エスジーエルの腐食減量はガルバリウム鋼板に比べ「平均1/5」と、きわめて高い耐食性を示しました。
試験体のバラつきを考慮しても、エスジーエルの耐食性は、ガルバリウム鋼板の3倍超が期待できます。

試験方法 JIS H 8502(塩水噴霧 2h 5%NaCl・35±1℃ 乾燥 4h 60±1℃・20~30%Rh 湿潤 2h 50±1℃・95%Rh以上)

(※)写真下が端部

塩水噴霧試験

常時塩水を噴霧して腐食を促進する「塩水噴霧試験」でも、エスジーエルはガルバリウム鋼板に比べて非常に優れた耐食性を示すことが確認されました。
海水や海塩粒子の影響を受ける地域や用途においても、ガルバリウム鋼板をしのぐ性能が期待できます。

試験方法 JIS Z 2371

(※)写真下が端部

曝露評価

日鉄住金鋼板は、豪ブルースコープスチール社と共同で、国内外の様々な条件下での曝露評価を並行して実施。エスジーエルの性能確認を行っています。

耐食性向上メカニズム

エスジーエルは、マグネシウムの防錆効果を付加したことで、ガルバリウム鋼板特有の耐食メカニズムを活かしつつ、耐食性をさらに強化しためっき組成を有しています。
エスジーエル独自の耐食性向上メカニズムにより、平面部はもちろん、とくに切断端部や傷部において高い耐食性を発揮します。

一般条件

鉄部に達する傷が生じた場合、どの鋼板にも亜鉛の「犠牲防食作用」が働きます。
ただし、エスジーエルとガルバリウム鋼板の場合、亜鉛リッチ相は「三次元網目構造」の複雑な経路に沿って溶出することになるため、亜鉛リッチ相の消耗を遅らせることができます。また、亜鉛リッチ相が溶出した空隙には「自己修復作用」により、緻密で凝集性のあるアルミ系酸化生成物が充填されます。この働きによりめっき層全体の耐久性が向上します。
さらにエスジーエルは、亜鉛リッチ相にマグネシウムが共存するため、より緻密で水に溶けにくい保護皮膜が形成され、ガルバリウム鋼板以上に優れた耐久性を発揮することができます。その効果はとくに切断端部・傷部において顕著です。

厳しい腐食条件

厳しい腐食条件下で違いが歴然。エスジーエル独自の耐食性向上メカニズム。

エスジーエルの優れた耐食性向上メカニズムは、厳しい腐食条件下でより顕著に発揮されます。
厳しい腐食条件下では亜鉛リッチ相が急速に消耗するため、ガルバリウム鋼板でも早期腐食してしまう場合がありました。
エスジーエルはこの問題に対応。亜鉛リッチ相にマグネシウム濃化相を共存させることで、より緻密で水に溶けにくい保護皮膜を形成することが可能となりました。この効果により亜鉛リッチ相の消耗が抑えられるため「犠牲防食作用」が長期にわたり確保されます。また、アルミ系酸化生成物充填までの時間が確保されることで「自己修復作用」も最大限に発揮できるため、めっき全体の耐食性を大幅に向上させることに成功しました。

※年数表示はイメージです。

加工性

エスジーエルは、ガルバリウム鋼板を踏襲しためっき構造を持っているため、ガルバリウム鋼板と同等の加工性を有しています。
そのため、現在ガルバリウム鋼板用にお使いの成型機をそのまま使用することが可能です。
優れた耐食性と加工性により、建築外装材はもちろん、幅広い用途にご採用いただけます。

曲げ試験 エスジーエル 0~1T
ガルバリウム鋼板 0~1T

住宅(壁材)の施工例

壁材として複雑な形状の成形品を採用しましたが、割れなどの不具合はなく、良好な仕上がりです。

加工例

標準仕様

記号および種類

種類の
記号
種類 厚さ(mm) 幅(mm)
SGLCC 一般材 0.25~
1.6
610~
1,219
  • 受注可能範囲をご参照ください。

化成処理記号

化成処理記号
Y
  • Y処理はエスジーエルに最適化されたクロメートフリー仕様になっています。

めっき付着量

めっきの付着量
表示記号
相当めっき厚さ
(mm)
AZ150 0.054
  • その他のめっき付着量についてはご相談ください。

受注可能範囲(材質:一般材)

不燃認定

国土交通大臣認定 不燃材料 NM-8697

当該JIS

JIS G 3321 規格品