クロメートフリー ガルバリウム鋼板® R処理

ガルバリウム
鋼板®

亜鉛鉄板とアルミめっき鋼板の長所を合わせ持ったガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、米国のベスレヘムスチール社で開発されたアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板です。そのめっき組成は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなっています。
アルミニウムの長期耐久性と耐熱性に、亜鉛のガルバニックアクション(犠牲防食作用)を合わせもつため、使用環境により、亜鉛鉄板(Z27)の約3~6倍の耐久性が期待できる優れた表面処理鋼板です。

特長

優れた経済性と耐食性、耐熱・熱反射性と加工性に優れためっき鋼板

優れた長期耐久性
大気中に長時間さらされてもその美しさは衰えにくく、様々な環境や用途で亜鉛鉄板(Z27)とくらべても3~6倍の耐久性をもつことが確認されています。
特に、海岸地域や工業地域の厳しい環境の中でその特性をいかんなく発揮します。
地球にやさしい素材
R処理被膜はクロメートを一切含まない特殊被膜を付与したものです。
優れた耐熱性
ガルバリウム鋼板は、めっき成分重量比で55%、容積比で80%とアルミニウムの含有率が高いため、アルミめっき鋼板に近い優れた耐熱性を持っています。
このため、良好な熱反射性と合わせて、オーブントースター、炊飯器等に使用され優れた効果を発揮しています。
熱反射性が良好
ガルバリウム鋼板の表面は、反射率が大きいため、表面の温度上昇が少なく屋根に使用した場合、室内の温度上昇防止に大きな効果をあげ、屋根材として優れた効果を発揮しています。
表面は平滑で、美麗
表面は、銀白色に輝く独特の細かいスパングルを有するため、建築部材としても好評です。
亜鉛鉄板と同等の加工性と塗装性
ガルバリウム鋼板は、亜鉛鉄板と同等の成形加工が可能です。
又、後塗装も亜鉛鉄板と同様に行うことが可能です。

防火認定

国土交通大臣認定 不燃材料 NM-8697

性能

ガルバリウム鋼板表面の合金めっき層を顕微鏡で観た模型図

アルミニウム含有量55%が耐食効果を発揮

亜鉛とアルミニウムが力を合わせて鋼板を守る

ガルバリウム鋼板は、アルミニウムの耐食性と亜鉛の犠牲防食作用及び自己修復作用がバランスよく発揮され、長期にわたり鋼板の錆を防ぎます。
ガルバリウム鋼板のめっき層形成は、まず、アルミニウムが凝固し、亜鉛はその層間に結晶して下図のような結晶断面を形成します。この結晶組織は、長期経過後、亜鉛が溶出したその部分に、微細で凝集性のあるアルミニウムの酸化生成物が充填されますが、この作用を「ガルバリウム鋼板の自己修復作用」と呼んでいます。

めっき層の組成
組成 質量比(%) 容積比(%)
アルミニウム 55 80
亜鉛 43.4 19
シリコン 1.6 1
密度 3.69g/cm2
標準付着量(表示記号) 200g/m2(AZ150)
片面当たりのめっき厚み 27ミクロン

ガルバリウム鋼板の合金めっき層は、アルミニウムの耐食性と亜鉛の犠牲防食作用、さらに自己修復作用を有しています。そのため、従来の溶融亜鉛めっき鋼板に比べ、ガルバリウム鋼板は数倍優れた耐食性を示します。工場地域や塩害地域の曝露事例においても、その性能が実証されています。