沿革

  大同鋼板(株) 大洋製鋼(株) イゲタ鋼板(株) イゲタ建材(株) 住金鋼材工業(株)
1899年 富永商店開業     (株)野崎栄蔵商店
金属製品の仕入販売
 
1924年 尼崎工業所設立        
1930年 尼崎工業所移転
杭瀬に尼崎工業所尼崎工場設立
       
1933年   東京製鐵(株)設立      
1934年 富永商店、中島圓次商店、尼崎工業所を統合
富永鋼業(株)設立
       
1936年   (株)大阪造船所設立      
1941年 富永鋼業(株)と大同製鋼(株)合併
大同製鋼(株)となる
       
1942年   東京製鐵(株)と(株)大阪造船所が合併
(株)大阪造船所となる
     
1949年 大同製鋼(株)解散        
1950年 大同鋼板(株)設立        
1951年     博多鋼板(株)設立
冷延鋼板の製造販売
   
1961年   (株)大阪造船所の鉄鋼部門を主体に、富士製鐵(株)(現在の新日鐵住金(株))の資本参加を得て、大洋製鋼(株)設立     住金鋼材工業(株)設立
軽量形鋼製造販売開始
1964年     イゲタカラー鋼板(株)設立    
1966年     博多鋼板(株)とイゲタカラー鋼板(株)合併
イゲタ鋼板(株)設立
   
1969年 「ビニエバー®」生産開始 「サンテック®」発売      
1971年 イソバンドライン竣工
(「イソバンド®」生産開始)
       
1973年   「サンフロン® ( 2コート)」発売 「スチールペーパー」発売    
1975年 高加工性塗装鋼板「フォームグリップ®」発売        
1976年     カラーアルミ2コート・2ベーク生産開始    
1977年 「大同耐摩カラー」発売       日本ビテイ(株)合併
1980年   世界最大の3コート・3ベークカラーライン(1号カラーライン)竣工      
1981年 ガルバリウム技術導入
(BIEC・新日本製鐵(株))
       
1982年 2号亜鉛めっきライン竣工
(「ガルバリウム鋼板®」生産開始)
  「ポールガード」量産化 (株)太陽商事を合併
イゲタ建材(株)に商号変更
 
1983年 「大同耐摩カラーGL」発売 「サンフロン® ( 3コート)」発売      
1984年 横葺屋根「エバールーフ®横葺1・2型」発売   「TS鋼板」量産化    
1987年 超耐久性鋼板「タイマフロンGL®」発売        
1991年 「イソバンドBL®」発売        
1996年 「ガルバリウム鋼板®」生産
累計100万トン突破
       
1997年   「ガルバリウム鋼板®」生産開始 住友金属建材株式会社に統合
1999年 新日鐵化学(株)から「エスガード®」の営業権を譲受   住友金属工業(株)より屋根工事事業を営業譲受
2000年 「大同耐摩カラー」50万トン(屋根面積1億㎡)の販売達成    
2002年      
日鉄鋼板株式会社に統合
2004年 新日本製鐵(株)の完全子会社となり上場廃止  
2005年   堺製造所 めっきアルジンクライン生産開始
2006年   建材薄板部門を分割
日鉄住金鋼板株式会社発足
2008年 統合記念商品「ニスクカラー®」「ニスクフロン®」発売
2009年 尼崎製造所、堺製造所が西日本製造所〔尼崎地区〕、〔堺地区〕となる
高強度折板屋根「ニスクルーフ®L145」発売
2010年 厚膜型ウレタン塗装鋼板「ハイレタン」リニューアル発売
西日本製造所〔堺地区〕で耐火パネルライン稼働、「エスガード®」生産開始
2011年 新耐火パネル「Neulux®(ノイラックス)」発売
湖南製造所が西日本製造所〔湖南地区〕となる
2012年 親会社の統合により、新日鐵住金(株)の完全子会社となる
2013年 新日鐵住金(株)と共に、アセアン・米国における豪州ブルースコープ社との合弁事業開始
2014年 次世代高耐食めっき鋼板「エスジーエル®」本格販売開始
ニスク折板カバー工法「かいしん®」発売
新耐火パネル「耐火イソバンドPro®」発売
2015年 提案力を強化した直需分野向け塗装鋼板新ブランド「ニスクプロコート®」シリーズ発売
金属サンドイッチパネルシリーズ出荷累計5,000万㎡達成
2016年 西日本製造所〔湖南地区〕で耐火パネルライン稼動、「耐火イソバンドPro®」生産開始
2018年 西日本製造所〔湖南地区〕の耐火パネルラインを「耐火イソバンドPro®」「ノイラックス Ⅱ®」生産兼用ラインに改造
新耐火パネル「ノイラックス Ⅱ®」発売開始
2019年 日鉄鋼板株式会社に商号変更
「ニスクカラ―Pro®」発売開始